MONTH

2020年4月

  • 2020年4月29日
  • 2020年5月7日

連結決算や企業結合におけるみなし取得日の考え方

買い手企業が買収対象会社の株式取得を行った子会社化した場合、買収対象会社は支配獲得日において買い手企業の子会社となり、当該日以降買い手企業の連結財務諸表に連結されることになります。そのため、会計上、いつを支配獲得日とするかが重要になります。

  • 2020年4月26日
  • 2020年5月7日

企業価値評価における非事業用資産の考え方

企業価値評価の中でメインとなる論点は、事業価値、つまりは評価対象企業の本業から生み出される価値がいくらかです。 ただ、本業とは別に評価対象企業が保有している非事業用の資産も評価対象企業が保有している資産であるため、無視することはできません。

  • 2020年4月23日
  • 2020年5月7日

無形資産の評価手法

今回のブログでは無形資産を評価する際の評価手法を説明します。 無形資産の評価が必要なケースとして、無形資産の取引時会計上のPPA(取得原価の配分)や、移転価格等の税法の要請に基づく評価などが考えられます。

  • 2020年4月22日
  • 2020年5月7日

のれんと資産グループの減損テストの関係(日本基準)

今回のブログでは日本基準におけるのれんと資産グループの減損テストの関係について取り上げます。 減損テストは、簿価と回収可能価額を比較する手続きですが、のれんの減損テストでは、のれんの簿価とのれんの回収可能価額を比較するわけではありません。

  • 2020年4月13日
  • 2020年5月26日

IFRSにおける持分法の減損テストの実務

持分法投資の減損テストは、投資者から見ると、関連会社株式という金融商品に対する減損テストになります。持分法投資は金融商品という側面を持ちつつも、通常は事業から生まれるキャッシュフローの獲得を期待している資産です。