TAG

継続価値

  • 2020年3月1日
  • 2020年11月3日

DCF法における継続価値(ターミナルバリュー)

DCF法では、通常は永久に事業活動を行う企業を前提として価値評価を行うため、事業計画期間以後の期間についても価値評価の対象とします。そして、継続価値とは、DCF法における事業計画期間以後の期間(継続期間)の価値の合計のことを指します。