TAG

減損

  • 2020年2月25日
  • 2020年5月9日

IFRSの減損テストにおける資産のグルーピング

グルーピングとは、減損テストを行う単位を決定することです。減損テストは、帳簿価額と回収可能価額を比較して、帳簿価額>回収可能価額となった場合に減損損失を行いますので、「帳簿価額と回収可能価額を計算する単位を決定すること」とも言えます。

  • 2020年2月21日
  • 2020年10月1日

IFRSの減損テストで集計する簿価

のれんの減損テストなど、資金生成単位や資金生成単位グループでの減損テストの場合、資金生成単位等に関連する資産、負債のうちどの勘定科目までを集計すればよいか、悩むケースは多いと思います。

  • 2020年2月18日
  • 2020年5月15日

DeNAの減損損失の事例分析

2020年2月5日にDeNAが”減損損失等の計上のお知らせ“の開示を行い、総額493億円もの巨額の減損損失の計上の公表を行っています。こちらの事例について、分析を行ってみたいと思います。

  • 2020年2月17日
  • 2021年2月10日

日本基準の減損の兆候の例示と減損テストのタイミング

減損テストの実施は煩雑なため、会計基準では基本的に減損の兆候があった場合のみ実施を要求しています。 IFRSはのれんは毎期1回以上、減損テストを実施することを要求していますが、日本基準は、減損の兆候があった時のみ減損テストを行えば足ります。