TAG

日本基準

  • 2020年2月27日
  • 2020年9月1日

のれん(Goodwill)の償却期間の決定方法とのれんの概念

日本基準においては、企業結合で発生したのれんの償却期間を決定する必要があります。のれんの償却期間は毎期の償却費の計算だけでなく、減損テストの将来キャッシュ・フローの計算期間にも影響を与えるため、極めて重要です。

  • 2020年2月17日
  • 2020年5月7日

日本基準の減損の兆候の例示と減損テストのタイミング

減損テストの実施は煩雑なため、会計基準では基本的に減損の兆候があった場合のみ実施を要求しています。 IFRSはのれんは毎期1回以上、減損テストを実施することを要求していますが、日本基準は、減損の兆候があった時のみ減損テストを行えば足ります。

  • 2020年2月13日
  • 2020年5月7日

PPAにおける無形資産の識別の実務

PPAにおける本丸は、無形資産の識別(どういう無形資産が貸借対照表に計上されるのか?)と評価(識別した無形資産の金額はどう測定するのか?)だと考えています。なぜ無形資産が本丸か? 金額的なインパクトがもっとも大きいからです。

  • 2020年2月10日
  • 2020年5月7日

PPAにおける識別可能資産、負債とは?無形資産と特定勘定の取り扱い

識別可能資産、負債とは、PPAの取得原価を配分する対象となる資産、負債のことです。 識別可能資産、負債は、基本的に貸借対照表に計上されている資産、負債という理解でOKですが、企業結合時のみ発生する資産、負債もありますので、その点に留意が必要です。